京都の歯周病専門医/指導医・認定医  歯周病学会公認研修施設・厚生労働省公認研修協力施設
sbnv01
飯田歯科センター

〒606-8336

京都市左京区岡崎北御所町52

TEL (075)762-2250

FAX (075)762-2253

E-MAIL:


●診療時間
・10:00-13:00
・14:30-18:30
※完全予約制

●休診日
第1,3土曜  第2,4木曜
日・祝日

※予定の詳細はこちらを参照。


アクセス

お問い合わせ

Q&A

歯周病治療に関する質問

Q:私の歯は歯周病なのでしょうか?
A:歯周病の症状は
●歯を磨くと歯肉から血が出る
●歯肉が腫れている
●歯肉が赤くなっている
●歯が浮いたような感じがする
●口臭が気になる
●歯の間に食べ物が挟まり易い
●起床時に口の中がねばつく
●歯がグラグラして硬いものがかみにくい
●冷たい物で歯がしみる。
上記のような症状が現れると歯周病です。上記の症状のひとつでも当てはまればちかくの歯科で診察してもらいましょう。

Q:なぜ歯石がつくのですが?
A:唾液などに含まれている、カルシウムやリンがバイ菌の塊(歯垢)に入り、徐々に石の様に硬くなったものが歯石です。

Q:「歯周病だから歯を何本か抜く」と言われました。抜かないとどうなるのですか?
A:残しておくことができない歯があれば抜いてしっかり歯周治療を受ければ,そのときは大変に感じるかもしれませんが後でメリットが大きくなることが考えられます。口腔全体で考えることが重要ですし、万が一抜けてしまったままで放置すると、歯並びがどんどん悪くなっていきます。

インプラントに関する質問

Q:インプラントは誰でも治療してもらえるのですか?
A:通常年齢的には成長期が終わってからが対象となります。また健康であれば年齢に上限はありません。ただし、糖尿病や全身麻痺などのある方は状況によって異なりますので、事前にご相談をお願いします。

Q:手術が不安です・・・
A:インプラント治療は専用の器具で精密に外科処置をしますので、一般的には歯を抜くよりもあとの治りが良好です。もちろん麻酔をかけますので治療はそれほど痛くありません。

Q:治療の期間と費用はどれくらいかかりますか?
A:治療期間はその人の状態によりさまざまですが、インプラントを埋め込む処置をしてから3ヶ月から6ヶ月待ちます。その後、人口の歯の台になる部分をインプラントに繋ぐ処置をしてからさらに数週間待って、最終的な人工歯が入ります。費用はインプラント1本の埋入につき、患者ごとの症例にもよりますが、手術料込みで50万円前後です。ただし、インプラント以外の手術が必要な場合は、費用が加算される事もあるため、事前の診察時に必ず治療の計画書、治療費の見積書を提示しております。

Q:従来の治療法との違いはなにですか?またメリットは何ですか?
A:.抜けた歯がある場合、従来の治療法では、両隣の健康な歯を削って土台にする「ブリッジ」または金属で固定する「入れ歯」がありますが、これらの治療法は土台となる歯に負担がかかったり、入れ歯に違和感を感じたり、入れ歯が動いたりする場合があります。でも、インプラントは顎の骨にしっかりと固定をするので、自分の歯に近い感覚で物を噛んだり話したりできます。また、残っている歯に負担が少ない治療法です。

Q:治療後はメインテナンスが必要なのですか?
A:インプラントはチタンでできていますから、虫歯にはなりませんが、歯周病にはかかりやすい為、セルフプラークコントロールの他に、プロのメインテナンスでの定期的口腔衛生をしていく必要があります。

矯正治療に関する質問

Q:歯って動くのですか?
A:ご安心ください、動きます。

Q:矯正には長い時間がかかると聞きました
A:矯正で歯を動かすのは、骨の「代謝機能」を利用して歯を動かしています。骨は一定以上の圧力がかかると「吸収」という現象を起こして、骨を溶かして圧力を軽減しようとします。また、骨が動いて間隔の開いたところでは、骨が新しく作られて間隔を埋める働きがあります。ただ、矯正を必要とする患者さんの歯は、およそ3ミリから5ミリほど歯を移動させないといけませんが、歯は1ヶ月に約0.3ミリしか動いてくれません。仮に4ミリを動かそうとすると1年以上かかります。

Q:矯正具をつけてもうまく会話はできますか?
A:治療開始から1ヶ月程度は発音障害が生じる可能性があります。特に裏側に装着した装置が舌を刺激するため発音が不明瞭となります。しかし、この様な刺激も一時的なもので、ワックスを刺激の原因となる部位に使うことでかなり減少します。装置に慣れてきたらワックスの量を減らしましょう。

Q:矯正治療はいつごろから始めるのですか?
A:永久歯完成前では、主に顔面の成長発育に問題を起こしそうな場合、現状の放置により後から生えてくる永久歯に著しい悪影響を与える場合、悪習癖(指しゃぶり、唇を噛む癖、物を飲むときに舌を前に突き出す癖など)がある場合等に治療をいたします。 永久歯完成後は全ての歯にブラケットとよばれる装置を歯につけることにより、より望ましいかみ合わせおよび歯列を得るために治療をいたします。 状態には個人差がありますので、不正咬合に気づきましたら、早めにご相談下さい。

Q:治療期間はどれくらいかかりますか?
A:個人差がありますが、口の中に装置が入る期間は程度によって1年半~3年くらいかかります。部分的な治療では半年程度で終わることもあります。また歯を動かしたあとに、歯を保定する期間が1年~2年程かかります。詳しい治療期間は、コンサルテーションの際にお知らせいたします。

Q:矯正は痛いですか?
A:初めて装置を口の中に入れて、数時間で歯が動く準備を始めます。動く準備が整った段階から個人差はありますが、歯が浮くような違和感や、噛むと痛いといった症状が現れることがあります。この痛みは3日ほどで収まります。ただし個人差があるので、初めからほとんど違和感が無い方や1週間位続いてしまう患者さんもいます。
どうしても辛い時には、鎮痛剤を服用しても構いません。装置を装着した最初が一番辛く、次回から治療のたびに毎回このような状態になるわけではありません。