京都の歯周病専門医/指導医・認定医  歯周病学会公認研修施設・厚生労働省公認研修協力施設
sbnv01
飯田歯科センター

〒606-8336

京都市左京区岡崎北御所町52

TEL (075)762-2250

FAX (075)762-2253

E-MAIL:


●診療時間
・10:00-13:00
・14:30-18:30
※完全予約制

●休診日
第1,3土曜  第2,4木曜
日・祝日

※予定の詳細はこちらを参照。


アクセス

お問い合わせ

歯周病治療»治療の流れ

歯周病ってどんな病気ですか?

歯周病
  歯ぐきから血や膿がでたり、腫れてきたり、歯ぐきが下がって根っこが伸びたようにみえてきたり、歯がぐらぐら動いたり、ひどいときには歯が抜け落ちたり、口臭がひどかったり・・・。症状はさまざまですが、それらすべてが「歯周病」です。
  人によって症状は違い、一見健康そうに見える歯でも、歯と歯の境目(歯周ポケット)が深くなって歯周病になっている人もいます。またレントゲンを撮影すると、骨が吸収して見えることもあります。

歯周病の原因は?

先生
  歯周病の原因は歯垢(バイオフィルム=プラーク)です。バイオフィルムは歯を磨かないでいると歯に付いてやがて歯周病となるのですが、それは食事の食べかすなどではなく、実は細菌の塊です。
  プラーク中には約300種類の細菌がいますが、そのほとんどは無害です。ただ、プラークが付きっぱなしになることで、無害な菌がすみにくい環境となって、歯周病の原因と考えられる菌の勢力が拡大します。これが歯ぐきの炎症につながっていくわけです。
  現在は「プラーク」を「バイオフィルム」といっています。